介護の派遣で30万円の給料!?人間関係もそこそこ良くなる働き方

自身の介護の派遣の経験を通して、給料や社会保険はどうだったのか、難しい人間関係をどのようにそこそこやってきたか書いてみたいと思います。

介護の派遣|派遣先が良い施設かどうか見極めるポイント その3

派遣先が良い施設かどうか見極めるポイント その3です。
あくまでも私の経験上でお話をさせていただいております。
何かの参考になれば幸いです。

 

《利用者様に合った水分・食事を提供している》

水分では明らかにすりきり1杯のとろみを必要な利用者様にとろみを少なく入れたり、食事においては義歯をつけず、少しの水分でむせ込みがあり、食べ物を噛むことができない利用者様に対して、主食は粥、副食は荒刻みの食事を提供したりしている事があります。誤嚥・誤嚥性肺炎の危険を軽視しています。施設の職員が話し合って利用者様一人一人の状態を把握しどんな食形態が良いのか何度も話し合いを重ね食事を提供している施設は良い施設だと思います。

《人の出入りが多く、いろんな交流がある》

外部からいろいろな人が来ないと、施設内の環境は悪くなって行くと思います。人の出入りがない施設へ派遣で勤務していた時、業務中にも関わらず、利用者の目の前でお菓子・ガム・パンを食べたりしている介護士さんに出会ったことがあります。食べたい物が食べられない利用者様もいらっしゃるのでそんな姿を見せたら、利用者様はどんな思いをするのか考えてもいないようでした。ですから、外部の目があれば介護士さんが勝手な事をしなくなると思います。ご家族様、地域のボランティア、シルバー派遣の人などの交流があれば、どんな介護をしていけば良いのか?施設職員だけでは出なかった介護に対する新しいアイデアが生まれると思います。

《空調設備のメンテナンスをきちんとしている》

高齢者は温度変化に敏感な人もいれば、夏場でも厚着をしている人もいるので施設内の温度管理は大切です。私がとある介護老人保健施設に派遣で勤務している時、夏場、空調の温度が26℃になっているのにもかかわらず、全く空調が作動せず利用者様が軽い熱中症になりました。そして冬場、とくに機械浴の浴室の脱衣場では温度があがらず、利用者様がヒートショックを起こす危険がありました。それなのに施設のエントランス付近に大きい高価な水槽を設置するなど、必要ではないものにお金をかけていました。温度管理が行き届いている施設は良い施設だと思います。

ヒヤリハットをしているか》

ヒヤリハットを全く行っていない施設があります。行っていても利用者様対応へ反映していないところもあります。私が勤務していた施設では、職員の人数も足りなく、他の業務にも追われているため、ヒヤリハットどころではない感じでした。しかし、毎日ヒヤリハットを行っていかないと、何度も同じ事故が起きますし、結局事故のおかげで他の業務に支障がでるわけですからまさに負のスパイラルです。どこまでヒヤリハットをすればよいのか私にもわからないですが、それなりにヒヤリハットを行って、職員間で話し合いが行われている施設は良い施設だと思います。