介護の派遣で30万円の給料!?人間関係もそこそこ良くなる働き方

自身の介護の派遣の経験を通して、給料や社会保険はどうだったのか、難しい人間関係をどのようにそこそこやってきたか書いてみたいと思います。

介護の派遣|派遣先が良い施設かどうか見極めるポイント その4

介護の仕事をする上で派遣先が良い施設かどうか見極めるポイント その4です。
あくまでも私の経験上でお話をさせていただいております。
何かの参考になれば幸いです。

 

《レクリエーションを適度に行っているか?》

一日中利用者を介護士の目の届く範囲に座らせておいて、ただテレビを眺めさせている施設で勤務したことがあります。これでは利用者様のADLが悪化し、認知症が進むばかりです。職員が少なくレクリエーションをする時間がないのはわかりますが、10分、20分くらいの時間は必ず作れるはずです。手作業、体操等少しでも利用者様のため何かレクリエーションを行っているか職場見学などで確認してみてください。また逆もあって、レクリエーションや行事を詰め込みすぎている施設もあります。一時間刻みで朗読会だのコーラス会だの予定があり、これでは利用者様・職員が疲れてしまいます。またそのような施設は外部にしっかりと利用者様にレクリエーションをやっていますよ!とアピール的な楽しそうな写真をホームページなどにたくさんのせています。利用者様も職員も無理なくレクリエーションをしている施設は気持ち的に働きやすいかと思います。

《人の出入りが多い》

ご家族様・地域の傾聴ボランティアさん等のさまざまな人の出入りがあるかチェックしてみてください。介護職員も外部の人と触れ合いがあってケアの質が向上すると思います。あまり人の出入りがない施設だと、利用者様・ご家族様・地域の人等とのケアについて意見交換ができずケアの質が低下してしまいます。また利用者様のご家族様は不安を抱えているものです。少しでも傾聴をして不安を和らげることも介護士さんの仕事でもあるのかもしれません。

《施設側が介護士の精神的ケアができるか》

介護士さんは生きてきた背景が様々で、苦労されてきた方が多く、精神的にも傷を負っている方がたくさんいらっしゃいます。そんなの知らないよ。その人の問題でしょ!としてしまえば簡単ですが、その影響が利用者様へ行ってしまった時どうするのでしょうか?精神的に問題のある職員を解雇するのでしょうか?あまりにも酷ければそれは仕方のないことですが、施設側の上司、特に介護主任クラスが部下の心のケアをしようとする姿勢があるかどうか確認してみてください。